男性

集団でブンブンと飛び回る大敵|ハチを退治して安心した生活を送る

行楽シーズンは注意が必要

男性スタッフ

ハチは時期によって活発になります。ハチが活発に行動をし、巣を作る時期を把握しておきましょう。人を刺す細腰亜目の中でも攻撃的だといわれているのは二種類のハチです。アシナガバチとスズメバチなのですが、どちらも同じ時期の活発に行動することが知られています。6月の後半から秋頃まで活発に動きます。巣を作っているのもこの時期です。行楽シーズンと重なっているので、被害報告も多くあがります。山や公園などに行って、知らずに巣に近づいて刺されてしまうというケースがあとを絶ちません。自宅に巣を作られたり、通学路に巣ができていたりすることもあるでしょう。子供たちに危険を及ぼすこともあります。ハチを見つけたら一匹を退治しても意味がありません。単独で行動しているハチは偵察隊の可能性もあります。危害を加えると仲間を呼んで集団で押し寄せてくるので、見つけた時は大きな音を立てず、ゆっくりとその場を離れましょう。安全になったらできるだけ早く専門業者に退治してもらいましょう。退治をしてくれる専門業者は防護服などの特殊な機材を持っているので安全に巣に近づくことができます。なんの準備もしていない素人が巣の退治をするのは危険なので、絶対に近づかないようにしましょう。ハチの種類によっては巣の大きさが一メートルを超えることもあり、何千匹という数のハチが巣の中にいることがあります。刺されたらひとたまりもありません。死に至る可能性もあるので、専門の業者に任せましょう。